リコーダー 楽譜

大きな古時計 |リコーダー四重奏(S,A,T,B)

更新日:

大きな古時計のリコーダー4重奏編曲です。全体的に簡単な運指ですが、表現力のある楽曲に仕上がっています。時計をイメージしたスタッカートや、低音部での旋律など、演奏を構成することが楽しくなるようにしてみました。4重奏ということもあり響きについても満足できると思います。

曲名:大きな古時計
作曲:Henry Clay Work
編成:ソプラノリコーダー、アルトリコーダー、テナーリコーダー、バスリコーダー

 

参考音源


こちらから購入できます

楽譜DLページへ:DLMarket [※DLMarket利用方法]

楽譜をかいつまんで紹介

まずは冒頭、アルトから前奏が始まり、その後すぐにソプラノが主題を奏します。
内声は元気に振り子が動くようにチクタクと動き出します。

 

アルトに主旋律を引き継ぎながらソプラノとテナーで時計の様子を表します。オブリガードが綺麗に入るよう休符をよく感じて演奏してください。

 

パートの受け継ぎがとても大切な部分です。
バスに主旋律が周り、上3声でリズムを奏でます。アタックの兼ね合いが大切な部分になるのでよくよく練習して合わせてください。

 

「おじいさんと一緒にチクタクチクタク・・・」の部分はテナーとバスが低音で奏でます。
アルトは細かい音でチクタクと刻みながらソプラノが音を装飾します。

最後は少しずつテンポを落としながらやがで止まりゆく時計を表現してください。
最後の長音符は大きくなりすぎず、休符をよく感じて、最後の一呼吸という感じで演奏できるといいです。

 

こちらから購入できます

楽譜DLページへ:DLMarket [※DLMarket利用方法]

-リコーダー, 楽譜
-

Copyright© Rs Music - リコーダーやピアノの楽譜 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.