リコーダー 楽譜

シシリエンヌ |リコーダー四重奏(S,A,T,B)

更新日:

5_sample

フォーレのシシリエンヌをリコーダー四重奏に編曲しました。

全体としてゆったりとした曲調なのでそこまで難しい運指はありませんが、パートごとに対応楽器をイメージすると構成しやすいのではないでしょうか。
四重奏ということもあり響きについても満足できると思います。

曲名:シシリエンヌ
作曲:Gabriel Urbain Fauré
編成:ソプラノリコーダー、アルトリコーダー、テナーリコーダー、バスリコーダー

参考音源


 

購入はこちらから

楽譜DLページへ:DLMarket [※DLMarket利用方法]

楽譜をかいつまんで紹介

冒頭はアルトとソプラノによる主題が入ります。音域の関係からアルトからソプラノに旋律を引き継ぎながら奏でていきます。

 

フォーレ特有の和音が美しい部分です。原曲の奏法をよく聞いて弦の表現を引き出してください。
半音階的なフレーズになるので、指づかいをよく確認してレガートで演奏できるように練習しましょう。

 

フォルテからピアノにアクセントをつけて演奏できるようにしましょう。休符でしっかりとフレーズの切れ目を合わせて表現してください。

中間部、可愛らしい旋律が出てきます。アルトが中心となりながら奏でていきますが、他のパートは静寂を表せるよう静かに落ち着いた音で奏でてください。

 

終結部です。ppと表記がありますが、リコーダーのピッチを安定させながら音色と音の立ち上がり、消え入りでpp が表現できるよう工夫できると鮮やかになります。全体的に音量差での表現が重要になる楽曲ですが、リコーダーにだって息の使い方で表現できる音量感があると思います。ピッチを安定させながら強い音、弱い音がどう表現できるのか、よく吟味して演奏に表してください。

 

購入はこちらから

楽譜DLページへ:DLMarket [※DLMarket利用方法]

-リコーダー, 楽譜
-

Copyright© Rs Music - リコーダーやピアノの楽譜 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.