ブログ記事

携帯からの入力で旋律をメモする方法

投稿日:

ちょっとした旋律を携帯やスマホでメモしたいと思ったことありませんか?そんなとき五線譜アプリやピアノロール入力アプリなどでの入力は実は結構面倒くさくて、全然手軽じゃない事がほとんど。
録音アプリを使おうにも電車の中やちょっとした移動中に携帯に向かって口ずさむのも恥ずかしいものです。

そこで文字入力にちょっとしたルールをつけることで五線譜がなくても文字の楽譜が書ける方法を紹介します。

携帯文字楽譜のルール

まず楽譜に一番必要な音程と音価(音の長さ)のルール定めます。

☆音程はCDEFGAHCでドレミファソラシドを表します。

○音価は四分音符は大文字「CDE」
○八分音符は小文字+'で「c'd'e'」

○16分音符は小文字+''で「c''d''e''」
○二分音符は大文字+横棒で「C-D-E-」

☆八分音符や16分音符のちょんちょんは打つのが面倒なので、連続して同じ音価が続くときは小文字のcdeを続けて書くことで省略できるます。
「c''d''e''f''G」=「c''defG」

☆休符は四分休符「R」と八分音符「r」
二分休符や16分休符は音符の時と同様です。
"rest"(休み)から取っています。

○付点については普通の楽譜と同様に「.」をつけます。
付点四分音符「C.」
付点16分休符「r''.」

☆シャープとフラット
シャープは「#」
フラットは「b」
で表します。
cdefgahcのシをbにしなかった理由がここにあります。ドイツ語音名だとシはHなので慣れるようにしましょう。

☆音の跳躍について
CGと書くと、ドから上行してソなのか下降してソなのか分かりにくてので、「/」「\」を手前に書いて示します。
上行なら「C/G」
下降なら「C\G」

☆小節線や繰り返し記号
必要に応じて小節線「|」や繰り返し記号「||:」「:||」を書き入れると分かりやすいです。
ただ、面倒なので基本はスペースや改行で短めに区切って行くことをお勧めします。

☆タイ
たいは音符を「_」で繋ぐことで表現します。
「C_c'c」=「C. c'」(たーぁた)

文字楽譜の実例

「富士山」
4/4 Cmaj
G.g'AG E c'dE-
D./g'G f'e D-.R
/G.g'EC /A.h'CA
G.a'gfed C-.R
D.d'DD c'defG-
A.h'CA G-.R
/C-AF E.e'AG
FED.c' C-.R

「ふるさと」
3/4 Cmaj
CCC D.e'D
EEF G-.
FGA \E.f'E
DDH C-.
d'cD\G c'dEE
f'eF.a' g'fER
GGG \C.d'E
FFD C-.

「大きな古時計」
4/4 CM
G| /C h'c Dc'd e'efe\A /d'd
C c'c H a'h C--\G
/C h'c Dc'd e'efe\A /d'd
C c'c H a'h C--c'e
Ge'dCh'c d'chaG /c'e
Ge'dCh'c D-R \G
/c'cR D R e'efe\A /d'd
C c'cH ah C-R-

関連楽譜

関連楽譜

  • ブログ記事
  • adsens

    関連楽譜

    関連楽譜

  • ブログ記事
  • adsens

    -ブログ記事

    Copyright© Rs Music - リコーダーやピアノの楽譜 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.